それぞれ塗料によって種類がある

塗装

大阪府で外壁塗装してくれる業者はたくさんありますが、業者ごとに扱える塗料の種類が全く違うこともあります。一昔前は、アクリル系塗料と呼ばれるものがわりと使われていた時期があります。アクリル系塗料は非常に耐久性は弱いですがその分金額が安くなってお得です。少しでも安い金額で塗装をしたいと考えるならば、アクリル系塗料を利用するのがよいかもしれません。耐用年数は6年から8年程度となっており少なくとも8年おきに塗装しなければならないため忙しくなります。ウレタン系塗料はサイディングだけでなく、モルタルに対しても塗ることができるため柔軟性が非常に高く利便性もよいです。料金はアクリル系塗料よりも高くなっており金銭的な負担は若干大きくなるものの、それでも耐用年数は10年以上とアクリル系塗料より長くなっています。比較的大阪の業者でも扱われているのがシリコン系塗料と呼ばれるものでしょう。シリコン系塗料の特徴は耐久力があるだけでなく耐熱性などが考えられており、直射日光が当たった場合でも室内が温かくなりにくいのがポイントです。耐用年数は12年から13年ほどとなっていますので、10年以上塗り替えをしなくても大丈夫です。もちろんその間にひび割れなどが発生することがあるかもしれません。その時には可能な限りその部分だけでも修理をしておくとよいです。それ以外にも、高機能性塗料と呼ばれる耐用年数が非常に長いものも存在しています。

業者の選び方

一軒家

大阪にある外壁塗装業者の選び方は、今までの実績などで判断すると良いでしょう。今までの実績をみれば、それがいったいどのような会社なのかを理解することが可能です。例えば今まで外壁塗装を何度も行いベテランの従業員ばかりいるところは、任せて安心できるでしょう。またスタッフに関してもよく見ておくことが必要になります。安心できるスタッフならばそのスタッフと言う通りに任せてもよいかもしれません。逆にお金の話しばかりしているようなところはなるべく避けて、顧客の話しをよく聞いてくれるところ選ぶべきです。

塗料の選び方はどうするか

一軒家

将来的に大阪で外壁塗装をしようと考えている場合は、どの塗料を選ぶかが重要になります。もし迷った場合にはシリコン系の塗料を利用すると良いでしょう。シリコン系の塗料は耐用年数と金額のバランスが良いことから多くの日本人が利用している塗料の一つになります。それと同時に塗料自体が広く利用されているため、塗装をすることができるスタッフも少なくありません。そのため、たいていどこの外壁塗装業者に依頼してもシリコン系塗料を扱っていますので安心です。

広告募集中